歯科

マウスピース矯正の知られざるメリット|手軽にキレイな歯

自分の歯を失わないために

女性

歯の根っこの大切さ

根管治療とは、歯の根っこの神経の通っていた管の治療のことです。虫歯が進み神経にまで達した場合は、歯の根っこの神経を抜かないと痛みがいつまでも続きます。薬で神経を弱らせ、神経を綺麗に取った後に、神経の通っていた管にゴム素材のものを充てんします。この時、虫歯菌や膿が残っていると、後々根っこの先から化膿し、歯茎から膿が出てきたりすることがあります。根っこが虫歯になると抜歯となり自分の歯を失う事になるので、歯の寿命を左右する大事な治療です。浅い虫歯の治療より回数がかかり、通院がつらくなることもありますが、根管治療を丁寧にしておくことで、将来入れ歯やインプラントなどに頼らず過ごせる可能性が大きくなります。

治療に参加する

根管治療をしたということは、虫歯は大きくなっていたということなので、歯のほとんどがかぶせ物になります。現在はかぶせの素材も何種類かあり、保険適応や自費のものなど、選択できます。前歯(中心から3本目まで)は、白い素材の歯が保険適応になりますが、中心から4本目以降の歯は白い歯を選ぶと、保険適応ではやや弱い材質のかぶせ物になってしまいます。自費のかぶせ物にも、樹脂、セラミック、金など種類があります。説明がない場合はかぶせの材質について質問、確認が必要です。かみ合わせや、他の歯の治療歴、また歯へのコンプレックスなども考慮して材質を決めます。根管治療を丁寧にしてくれるか、かぶせの種類を説明してくれるか、などは患者と向き合ってくれる歯科医院かどうかを判断する基準にもなります。歯の健康を保つためにも、歯科医とのコミュニケーションをとる習慣が大事です。